おすすめ人気ハウスメーカーランキング【ハウスメーカーと工務店のメリット・デメリット】

ハウスメーカーと工務店のメリット・デメリット

家を建てるときに、施工を大手のハウスメーカーに頼むのか、地域の工務店に頼むのかは、誰もが頭を悩ませるところです。ハウスメーカと工務店、それぞれのメリット、デメリットをご紹介しますので、どちらにするか決めかねている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ハウスメーカーのメリット

ハウスメーカーのメリット

ハウスメーカーの厳密な定義というのはないのですが、全国規模で展開する大手住宅建設会社のことを、一般にハウスメーカーと呼びます。

ハウスメーカーのメリットは、その事業規模の大きさに起因するものが多いです。以下に主なメリットをご紹介します。


◆大手企業の安心感

積水ハウスやダイワハウスといった大手ハウスメーカーは、誰もがCMなどで見たことがあり、名前を知らない人はいないと思います。

こういった中小の工務店とは全く規模の違う大企業というのは、それだけで精神的な安心感があります。

もちろん、中小の工務店にもいい会社はたくさんあります。しかし、初めて家を建てようとする、工務店についてよく知らない人からすれば、素性がよく分からない小規模な工務店に、家づくりを任せていいのか不安な気持ちになってしまうものです。

その点大手ハウスメーカーなら、品質的に大きな問題のある家を建てたりはしないだろうという、社会的な信用があるので、施工を依頼する側としては安心感があります。


◆モデルハウスや内覧会で家をイメージしやすい

大手ハウスメーカーは各地に住宅展示場を持っており、カタログやパンフレットも豊富です。実際に建てた家の内覧会もあり、完成した家のイメージをつかみやすいのが長所です。

中小の工務店にはこういったものはありませんので、きちんとコミュニケーションをとりながら家を建てないと、いざ完成したらイメージと違った、なんてことにもなりかねません。

モデルハウスを見て回れるというのは、ハウスメーカーならではのメリットだといえます。


◆工期が比較的短い

工期は家の建築手法によって大きく変わってきますが、一般的には工務店よりハウスメーカーのほうが短いです。

ハウスメーカーは資材を工場で大量生産しており、加工済みの資材を運んで組み立てるだけで、家が建てられるように効率化されています。なので同じような手法で家を建てる場合、工務店よりハウスメーカーのほうが、完成までの期間はかなり短くなります


◆品質のばらつきが少ない

ハウスメーカーは、自社工場で規格化された資材を使い、工法もマニュアル化されていますので、どこで建てるか、誰が建てるかによって品質にばらつきが出ないのがメリットです。


ハウスメーカーのデメリット

ハウスメーカーのデメリット

工務店にはないメリットがいろいろあるハウスメーカーですが、逆にデメリットにはどういうものがあるのでしょうか。主なものは以下のとおりです。

◆価格は比較的高い

同じような家を建てた場合、一般的に工務店よりも、ハウスメーカーのほうが価格が高くなることが多いです。

ハウスメーカーは自社で資材を大量生産しているので、材料費自体は工務店よりも安く済みます。

しかし、大手ハウスメーカーはCMを頻繁に流したり、住宅展示場を作ったりといった、広告費を大量に使っています。また、営業マンやデザイナーなど、人件費も多くかかっています。

そういった費用が上乗せされて、結果としては工務店より割高になることが多いのです。


◆設計の自由度は比較的低い

ハウスメーカーは資材を規格化して、工法もできるだけマニュアル化しているので、設計の自由度は工務店より低くなります。

ハウスメーカーでも自由な設計で家づくりをすることは可能ですが、その場合オプションで費用が上乗せされて、かなり割高になることが多いです。これは品質のばらつきが少ないというメリットの裏返しだといえます。


工務店のメリット

工務店のメリット

工務店とはハウスメーカーよりも小規模で、地域に密着した経営をしている建設会社のことです。工務店には工務店なりの、ハウスメーカーにはないメリットがあります。


◆自由度が高く融通がきく

工務店は、ハウスメーカーのように工法がマニュアル化されていない分、臨機応変に要望に応えやすいメリットがあります。自由なデザインの家を建てたいなら、ハウスメーカーより工務店のほうがおすすめです。


◆価格は比較的安い

工務店は、ハウスメーカーのような広告費や人件費がかからない分、価格は比較的安くなります。

技術が高くサービスのいい工務店に巡り合えれば、ハウスメーカーよりかなり安い値段で、高品質な家を建てることができるでしょう。


◆地元に精通している業者が多い

工務店は地域に密着した経営をしているので、土地や周辺環境についての知識が豊富です。その土地に合ったデザインの家を、柔軟に対応して建てられるのは、工務店ならではのメリットです。

例えばハウスメーカーの場合、都市部などで狭く複雑な形の土地に家を建てる場合、その土地に合うようにデザインを柔軟に決めることができなかったり、できたとしても、高いオプション費用がかかったりすることがあります。

その点工務店なら、一つ一つの土地に対応した家が建てられるように、臨機応変にサポートしてくれます。


工務店のデメリット

工務店のデメリット

工務店にもいろいろ種類があって、業者によってメリットやデメリットが変わってくる部分もあります。しかし一般的な話として、ハウスメーカーに対する工務店のデメリットというのは、大体以下のようなものです。


◆工務店によって技術力の差が大きい

工務店は数がたくさんあるので、業者によって当たり外れがあるのは注意したいところです。技術力の低い工務店を選んでしまうと、納得いく家が建てられないなんてことも起こり得ます。

工務店で家を建てる場合は、いい業者を自分自身の目で見抜く必要があります。


◆モデルハウスがないので家をイメージしにくい

工務店はハウスメーカーのように大規模な住宅展示場がないので、最終的にどんな家になるかは出来てみないと分からない部分があります。これは小規模経営の工務店のデメリットの一つだといえます。

工務店で家を建てる場合は、業者としっかりコミュニケーションをとって、建てたい家のイメージをできるだけ細かく伝える必要があります。

建てたいと思っている家の写真があればそれを見せるなど、できるだけ具体的な情報があるとイメージが伝わりやすいでしょう。


◆工期はハウスメーカーより長い

工務店で家を建てるときの工期は、一般にハウスメーカーよりも長くなります。

ハウスメーカーは資材を規格化したり、工法をマニュアル化したりと、工期を短くするために多大な投資をしています。それに比べると工務店の工期は、どうしても長くなってしまいます。


メリット、デメリットを正しく知ろう

メリット、デメリットを正しく知ろう

ハウスメーカーと工務店には、それぞれメリット、デメリットがあって、どちらも一長一短だといえます。なので、どういう家を建てたいかというプランをしっかり立てて、それに合った業者を選ぶのが重要です。

ハウスメーカーと工務店のメリット、デメリットを正しく知って、納得のいく家を建ててくれる業者を選ぶようにしましょう。






同じカテゴリーの最新の記事

  • ハウスメーカーと工務店のメリット・デメリット

    家を建てるときに、施工を大手のハウスメーカーに頼むのか、地域の工務店に頼むのかは、誰もが頭を悩ませるところです。ハウスメーカと工務店、それぞれのメリット、デメリットをご紹介しますので、どちらにするか決めかねている方は、ぜひ参考にしてみてくだ...


  • 木造、鉄骨、RC住宅のメリット、デメリット

    家を建てるときに一番迷うのが、木造、鉄骨、RC住宅のどれにするかだと思います。表にはあまり見えてこない、構造部分に関するものだけに、私たち素人には、何が違うのかよく分からない部分がありますよね。そこで今回は、木造、鉄骨、RC住宅のそれぞれに...


  • 家を建てるときの頭金の相場

    家を建てるとき、頭金をいくらにするかは誰もが悩むところです。そういう時に、他の人たちがどれくらいの頭金を用意したのかという、大体の相場を知っておけば、頭金の額を決めるいい指標になるでしょう。今回は、年収別、家の価格帯別の2つについて、頭金の...


  • 家を建てるにはどうしたらいいの?

    家を建てる場合には、様々な準備を行う必要があります。 一生の内で一番お金がかかる買物となる可能性があるので、後悔しないように心掛けなければなりません。 自分の経済状況を冷静に把握して、総額でどの程度まで用意できるのかをま...


  • 家を建てる費用や時期は?

    家を建てる際にかかる費用 一生の内で、最も大きな買い物となる可能性があるのが家です。 簡単に購入する事が出来ない分、家を持っているという事で獲得出来るステータスは大きなものとなります。 社会...