おすすめ人気ハウスメーカーランキング【家を建てるときの流れ、期間はどのくらい?】

家を建てるときの流れ、期間はどのくらい?

家を建てるというのは流れも複雑で期間も長くかかるため、初めての人にとっては、一体どこから手をつけていいか分からず困ってしまうと思います。今回は、家を建てる流れが全く分からないという方のために、大まかな流れの全体像が分かるように解説します。

家を建てる流れはいろいろある

家を購入するといっても、中古か新築か、マンションか一戸建てか、建売住宅か注文住宅かによって流れは変わってきます。

なので今回は、土地も建物も一から見つける、注文住宅のケースを想定して解説したいと思います。注文住宅を建てる流れを把握しておけば、建売住宅やマンションを購入する流れも大体把握できると思います。


まずはどんな家を建てたいか話し合おう

まずはどんな家を建てたいか話し合おう

家を建てる具体的な手続きに入る前に、まずはどんな家を建てたいか家族で話し合いましょう。どんな家を建てたいかという、具体的なイメージがある程度できていないと、施工会社や不動産会社との意思疎通もうまくいきません。

どんな家といわれてもいまいちイメージがわかない場合は、できるだけ具体的なことから考えていけばやりやすいでしょう。

まずは、通勤通学や買い物などに便利な都市部に家を建てるのか、それとも交通などは多少不便でも、土地が安く子育てもしやすい郊外にするのかを決めてみましょう。それが決まると、周辺の環境や立地条件についても、より具体的なことを考えることができます。

家を建てる場所を決めるときは、学校などの教育施設や、病院などの医療施設がしっかりしているかどうか、そしてスーパーなどの商業施設にアクセスしやすいかをチェックしましょう。日々の生活に必要な施設が充実しているどうかは、家そのものの良し悪しと同じくらい重要です。具体的にどんな家にするかを考える前に、こういった周辺環境についてしっかり調べるようにしましょう。

そしてもちろん、家のデザインはどうしたいか、部屋はいくつ欲しいかなど、どんな家を建てたいかについて、出来るだけ具体的なイメージを作っておきましょう。


予算の計画を立てよう

予算の計画を立てよう

どんな家を建てるか大体のイメージが固まったら、次は予算の計画を立てましょう。家のような1,000万円以上する買い物というのは、ほとんどの人にとって今まで経験がないことだと思います。高額のローンも組みますし、費用の内訳も複雑で、把握しにくい部分があります。

どこにどれくらいのお金を払い、結局トータルでいくら必要なのか、購入後のローン返済や維持費はどうなるのかについて、できるだけ細かく理解しておくようにしましょう。

なんとなくこれくらいの予算で、といったあいまいな予算計画だと、実際手続きが進んでから思わぬ予算オーバーを招いて、あたふたしてしまうこともあります。

家の予算は土地代や建物代以外に、ガスや水道の工事費、地盤調査の費用、税金や各種手続による手数料、引越し代や家具の購入代などがあり、こうしたこまごまとした費用をトータルすると、馬鹿にならない金額になります。思わぬ予算オーバーを避けるためにも、予算はできるだけ細かく把握しておく必要があります


土地を探そう

土地を探そう

建てたい家のイメージができて予算も大体決まったら、次は土地を探しましょう。家を建てようと思っている地域の不動産会社に問い合わせて、自分が欲しい土地の条件をきちんと細かく伝えましょう。

土地を探すのは不動産会社だけでなく、工務店やハウスメーカーでもやってくれることがあります。こういった会社の中には、自社で販売用の土地をもっていたり、不動産会社と提携しているところがあります。同じ会社に建築と土地探しを一括して頼めれば便利な部分もありますので、気軽に相談してみるとよいでしょう。

また、不動産会社に頼らずに、自分自身で土地を探すという選択肢もあります。ネットなどで情報収集して調べたり、現地に足を運んだりして、良さそうな土地があったら連絡先に問い合わせて、売買にこぎつけることも可能です。

実際土地を探してみると、何もかも自分の希望通りの土地というのはなかなか見つからないものです。なので、ここだけは譲れないという条件を満たす土地を探して、優先順位の低い条件についてはある程度妥協する考えも必要です。でないと、いつまでたっても土地が決まらないということにもなりかねません。


施行会社を決めよう

施行会社を決めよう

土地が決まったら、次はそこに家を建ててくれる施行会社を探しましょう。施行会社は大きく「ハウスメーカー」と「工務店」に分けられます。

ハウスメーカーとは、全国規模で展開する住宅建設会社のことで、「セキスイハウス」や「パナホーム」など、CMでもおなじみの大手企業のことをいいます。対して工務店は、もっと小規模に経営している建設会社のことです。

ハウスメーカーは、プレハブ工法やユニット工法などを使った工期の短さや、大手メーカーならではの安心感があるのがメリットです。対して工務店は、経験を積んだ職人による細やかな仕事や、地域に根付いた知識や経験による対応といったメリットがあります。

施行会社は必ず何社かに見積もりをとってもらって、比較して決めるようにしましょう。見積もりの安さだけでなく、担当者の知識や経験、対応の良さなど、総合的に判断するようにしてください


敷地調査と地盤調査

敷地調査と地盤調査

施行会社が決まったら、次は家を建てようと思っている土地に、本当にちゃんと希望通りの家が建てられるかを調査します。この調査には、敷地調査と地盤調査の2種類があります。

敷地調査とは、土地の大きさや形、周りの道路や建物の状況、水道やガスの配管の状態を把握したり、建てようと思っている家が建築基準法など各種法律に違反していないかを調べたりします。

そして地盤調査では、その土地の地盤が、家の建設に耐えうるものかどうかを調べます。調査の結果、地盤が弱いことが判明した場合、それを改善するための工事をすることになり、余分に費用がかかることになります


土地の購入

土地の購入

調査の結果、家がちゃんと建てられることが分かったら、その土地の購入の手続きに入ります。

特に注文住宅のときに問題になるのは、土地を購入する資金をどうやって調達するかということです。建売やマンションの場合と違って、まだ家を建てていない状態では住宅ローンを組むことができません。現金で払えるだけの貯金がある人は問題ありませんが、それだけの貯金はないケースのほうが多いでしょう。

こういった場合によく利用されるのが、「つなぎ融資」というものです。つなぎ融資とは、家が完成して住宅ローンが融資されるまでの間に必要な資金を、つなぎで貸してもらえる制度のことです。

注文住宅の場合、ローンを選ぶ時に、このつなぎ融資があるかどうかはとても重要です。つなぎ融資はどこでもしてもらえるわけではないので、ローンを選ぶときはつなぎ融資があるか必ず確認するようにしましょう


建物の詳細を決めよう

建物の詳細を決めよう

土地を手に入れたら、そこにどういう家を建てるかの詳細を、施工会社と話し合います。ここで決めたプランに従って家が建てられますので、納得いくまで細かい部分についても話し合うようにしてください。

間取りはどうするか、部屋の広さはどうするかといった大まかなことだけでなく、キッチンの細かいつくりや、どれくらいの家具をどこに置きたいか、コンセントの場所はどこにするかなど、できるだけ細かく要望を伝えて、施工会社と意思疎通するようにしましょう。

また、建物に使う素材などについても、要望があれば遠慮なく言うようにしましょう。ここで変に気を使って、こちらの意図がちゃんと伝わらないまま、工事が始まってしまうことのないようにしましょう

どんな家を建てるか詳細が決まると、まずその家が各種法令に違反していないか、行政機関に確認をとります。問題がなければ「建築確認済証」が交付され、家を建てる許可が与えられます。

そして施工業者と建築請負契約を結ぶと、いよいよ着工となります。


着工

着工

家の建築は、その土地に前の家が残っている場合、まずはそれの解体工事から始まります。解体工事の際、「鎮魂祭」という儀式をとり行う風習があります。鎮魂祭の費用は自己負担となるので、する場合はこれも予算に入れておくようにしましょう。鎮魂祭は義務や強制ではないので、別にやらなくても問題ありません。

そして柱や梁、鉄骨工事などの土台作りが終わると、「上棟式」という儀式を行う風習があり、これも費用は自己負担となります。これも強制ではありませんが、したい場合は費用を予算に組み込んでおくようにしましょう。

鎮魂祭や上棟式はやらなくても特に問題はありませんが、近隣住民への挨拶まわりはしておいたほうがいいでしょう。建設中は騒音もあって、周りの人へ迷惑もかかっているはずなので、気配りはしておくようにしましょう。

施行中は職人さん任せで放っておくのではなく、できるだけこまめに現場を訪れるようにしましょう。いくら入念にプランを練っても、いざ施行してみると、イメージと違っている部分は必ず出てきます。そういった点を職人さんに伝えてみると、臨機応変に修正してくれることもあります。


完成・引渡し

完成・引渡し

家が完成すると、「完成立会い」という最終チェックが行われます。ここでは動作に不良のある箇所はないか、汚れや傷はないかを、施工会社の担当者と一緒にチェックします。

完成立会いが終わると、行政による最終検査が行われ、問題がなければ引渡しとなります。


家を建てるのにかかる期間は?

家を建てるのにかかる期間は?

家を建てるのにかかる期間にはかなり幅があって、ケースバイケースな部分があります。しかし家のイメージ作りから引渡しまで、トータルで最低1年は見ておいたほうがいいでしょう。土地選びに時間がかかったり、家のプランにこだわりがあったりすると、期間はもっと長くなります。

どんな家を建てたいかという話し合いと予算計画で最低1か月、土地探しから購入まで最低3か月、施行会社の決定と家の詳細決定に最低3か月、住宅ローンの手続きと着工、引渡しに最低半年くらいはかかります。


家を建てるときは流れと期間を把握しよう

家を建てるときは流れと期間を把握しよう

家を建てる流れは初めての人にとってはとても複雑で、期間も長くかかります。なので、あらかじめ大まかな流れを把握しておかないと、納得のいく家を建てられなかったり、予算を大幅にオーバーしてしまうことにもなりかねません。

家を建てるというのは多くの人にとって一生に一度のことですから、後悔しないためにも、事前に流れをしっかり把握しておくようにしましょう。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 家を建てるときの流れ、期間はどのくらい?

    家を建てるというのは流れも複雑で期間も長くかかるため、初めての人にとっては、一体どこから手をつけていいか分からず困ってしまうと思います。今回は、家を建てる流れが全く分からないという方のために、大まかな流れの全体像が分かるように解説します。 ...


  • 家を建てる予算はいくら?年収、貯金は?

    結婚して子供もできて、仕事も充実して収入が安定してくると、そろそろマイホームを購入しようかという話になってくるでしょう。しかし家というのは、ほとんどの人にとって一度も経験がないくらい高額な買い物なので、予算をどうすべきかは誰もが頭を悩ましま...


  • 家を建てる手順って?

    家を建てようと考えた場合には、まずはどれぐらいの金額を用意できるかを考える必要があります。 予算に合わせて無理のない選択を行う事がトラブルを避けるためには有効です。 ローコスト住宅という低価格で購入出来るものも用意されて...


  • 家を建てる際の注意点って?

    知識や知恵の多くは、経験する事により身につけるものです。 本を読んだりインターネットで調べる事で得る知識は、本当に役に立つものかどうかは明確ではありません。 家を建てる機会はそれほど多く訪れるものではないので、経験する事...


  • 家を建てるのに頭金ってどれくらい必要?

    家を建てる時には、まずは自分の経済状況をよく把握する必要があります。 住宅ローン等の金融商品を利用するという方法もありますが、経済力を超えた商品を利用すると返済に苦しむ事になります。 自分の身の丈に合わない家を購入した場...


  • 家を建てるタイミングって?

    家は買い替えを簡単に行えるようなものではないので、家を建てる場合は現在の状況と将来的な展望を含めての慎重な検討が必要となります。 家を建てるという事が、一生の内で最も大事な決断となる可能性もあります。しかし、現在では昔と比べる...


  • 少しでも安く家を建てるには?

    人生の内で最も大きな買い物と言われるほど、高い価格設定がされているのが家です。 しかし現在では、安く家を建てるための方法がいくつか用意されています。その中でも人気を集めているのが、ハウスメーカーが提供しているローコスト住宅です...


  • 家を建てる時期って?

    家を建てるにはかなりのお金が必要となるので、簡単には決断する事は出来ません。 気に入らなければ買いかえればよいという類のものではないので、慎重に検討する必要があります。自分の現在の経済力を大幅に超えた物を選択する事は出来ません...


  • 1000万円で家を建てることができるの!?

    1000万円で家を建てる事ができるという事で人気を集めているのが、ハウスメーカーが提供しているローコスト住宅と呼ばれる商品です。 1坪あたりの単価が30万円を切るような破格の価格設定が行われています。高級車を購入する感覚で、家...


  • 失敗しないで家を建てるには?

    家を建てるという事は、人生の中での大きなイベントの一つです。生涯で最も高い買い物となる可能性すらあるので、慎重な比較検討の上で実行しなくてはなりません。 簡単に買い替えるという事が行えるだけの経済力を持っていれば別ですが、そう...